2017年5月9日火曜日

5月5日、JR高槻南陸橋でタウンミーティング。宮原たけし府会議員が森友学園問題、共謀罪など訴え、みなさんから質問を受けました。
通行人の若い青年からの質問は「日本共産党は北朝鮮と仲がいいので、自民党と北朝鮮の間を取り持ってやればいいのでは?」です。なんと、こういうことを今現在も思っている人がいるということにびっくり。他には「最近の公明党についてどう思うか」などの質問が寄せられました。宮原府会議員が丁寧に答えました。しかし、日本共産党に対する市民のみなさんの思いは、まだまだ大きな誤解があります。本当の日本共産党の姿を知ってもらうことが大切だと実感。対話と新聞赤旗を増やすことが必要です。